冷凍カニの正しい解凍方法とは

冷凍カニは大きく分けると冷凍ボイルカニと冷凍生カニの2種類がありますけれど、正しい解凍方法はて個々に異なります。冷凍ボイルガニの解凍方法は冷蔵庫の中でゆっくりと解凍するのが一般的なやり方です。解凍中は水が出ますが、皿の上にキッチンペーパーなどを敷いたザルを置き、その上に甲羅が下になるようにカニを置けば冷蔵庫の中が汚れることがありません。冷凍ボイルカニの解凍時間のスタンダードは毛ガニや花咲ガニなら24時間以上、タラバガニ姿やカットしていないタラバガニの足なら約24時間、カットしたタラバガニの足だったら約18時間、ズワイガニ姿なら約18~24時間、ズワイガニ足なら約12時間です。ポイントは大きいものや味噌が多くあるものほど解凍時間が長くなってますが、解凍時間を短くするために暖かい室内で解凍しようとするとドリップが出て味が落ちていくので気を付けて下さい。また、大きなものを解凍する時はたくさん水が出るので、カニが水に漬からないように時々水を棄て去ることが大切となります。冷凍ボイルカニは塩味がついているので、解凍したらそのままでも美味しく食べることができます。また、冷凍ボイルカニを加熱し過ぎると身がパサパサとなるため、冷凍ボイルカニをカニ鍋や焼きカニにする時はサッと熱を入れる程度にし、なるべく熱くし過ぎないよう努めることが大切です。冷凍生カニの解凍方法はビニール袋に入れてから流水で5~10分程度解凍するのが基本です。また、解凍後に焼いたり茹でたりする場合は完全に解凍せずに半解凍程度にしておいた方が美味しさを残せるに違いありません。また、刺身で食べる場合は完全に解凍しても構いませんが、カニを生で食べる時は「刺身用」や「生食用」などの記載があるかよくチェックすることが重要になります。これらの記載がないカニは加熱用なので、生で食べると食あたりを起こしてしまう可能性があると思います。また、冷凍生カニは解凍すると色が黒っぽくなり易いので、なるべくなら調理をする直前に解凍した方がベターです。食べたいカニを選ぶなら蟹のランキングをチェックすると良いです。かに通販ランキングであなたが今一番食べたいカニをランキング1位の通販から選んでください。